初めての方へ
実例集
特集
おすすめ商品
会社案内
ホーム > Vol.127 ムラサキツメクサ

ハーブ講座

始めよう 楽しもう ハーブ Vol.127 ムラサキツメクサ

 10月に入ってもまだ30度近い気温です。さすがに、朝晩は涼しく秋を感じます。日が暮れるのも早くなりました。朝のひんやりとした空気の中、どこからかキンモクセイの香りが漂ってくるのに気が付きました。やはり季節を感じさせるかおりはいいものです。


 今回はムラサキツメクサをご紹介します。

ムラサキツメクサ
ムラサキツメクサ
英名 red clover   学名 Trifolium pratense   和名 ムラサキツメクサ
別名 アカツメクサ 、レッド・クローバー   マメ科   多年草

 ヨーロッパ原産で、日本にはシロツメクサ(Trifolium repens)と共に牧草として明治以降に渡来した帰化植物です。ヨーロッパの野原では良く見かけます。世界中に移入されていて、個体変異が大きく多くの変種があるようです。

 日当たりよく、水はけも良い肥沃な土が適地です。個体差が大きく、全体の高さは20〜80儖未任后3元から褐色の茎が数本束生して、枝分かれします。葉は三出掌状複葉で互生し、小葉は楕円形で長さ2儖未任后F団的なのは、葉の表面に白いV字型の斑紋が見られることです。斑紋の形は不規則になり、葉や茎全体に毛があります。また葉には1〜4僂陵嬖舛あり、その基部には2枚の托葉が合着しています。頭状花序の下に1対の複葉がつくのも特徴です。

草姿、斑紋入りの葉、托葉が合着

 5月から夏に花を咲かせます。茎の上方の葉腋に径約3僂瞭状花をつけ、花が寄せ集まった集合花序となります。蕾は5裂した萼片に囲われていて、その1つはやけに長く、他の2倍位の長さです。しかも萼裂片全体に長毛が生えていて、あたかもフサフサした髪の毛の中から、ピンクの蕾が見え隠れしているような感じです。全部の花が出揃うと、萼片は花の中に埋もれてしまい、可愛いピンクの手毬のような形になります。花はマメ科特有の蝶型で、背後の旗弁は脈が透けて見え、また基部に行くほど徐々に色が薄くなるなど変化があります。じっくり見ると、とても美しいです。自然の美しさですね。そして、受粉して花が褐色になり果実になると、また長い萼裂片が目立ってきます。果実は萼筒の中なので直接は見えません。

蕾の状態、集合花序、花

 牧草や家畜飼料として栽培されます。また土壌を肥沃にする、空中窒素固定作用を持つマメ科の植物として、緑肥として使われます。(レンゲと同じ効用)そして、ムラサキツメクサには含まれる成分に薬効があり、薬用としても使用されています。

蕾から果実まで、シロツメクサ

次回はハマボウフウです。

グリーンアドバイザー
アロマテラピーインストラクター

 
内田 千穗

ハーブ講座一覧へ>>