初めての方へ
実例集
特集
おすすめ商品
会社案内
ホーム > Vol.133 レッドキャンピオン

ハーブ講座

始めよう 楽しもう ハーブ Vol.133	レッドキャンピオン

 新年度に入りました。まさかこのような事になろうとは、夢思いませんでした。我々が思っている以上に、事態は深刻なようです。これがまだ序の口だとすると、人類史に名を遺すウイルスになりますね。私たちが取れる対策は、やはりウィルスがうつりそうな場所に極力近づかず、家庭に持ち込まないことでしょう。


 今回はレッドキャンピオンをご紹介します。

レッドキャンピオン
レッドキャンピオン
英名 red campion   学名 Silene dioica   和名 アケボノセンノウ
ナデシコ科   多年草

 原産地はヨーロッパ全域で、高地の路傍や森林、草地などで見られます。ピンクの愛らしい花は、遠くからでもよく目立ちます。日当たりがよく、水はけがよい土を好みます。

 この種は雌雄異株で、雌花をつける雌株と、雄花をつける雄株に分かれています。雌株は、茎も太くしっかりしており、葉の長さは3〜8僂巴故仗Г任后H罎戮突些瑤蓮∋鶻瑤茲蠅眩澗里忘擔箸任后7圓細く、葉も小さいです。そして、赤褐色の色合いが強いです。(生えている場所により、色合いは多少異なります)根際から枝分かれして株立ちになり、根元近くの葉は長楕円形で葉柄がありますが、上部につく葉は卵形で先端が尖り全縁で葉柄がありません。葉は茎に直接対生につき、全体に毛が生えています。

果実をつけた雌株、開花中の雄株、葉のつき方

 開花時期は5月〜10月です。節から枝分かれした茎の先端に集散花序をつけます。雄株の方の花付が多いように思います。花色は濃桃色から淡桃色で、花径2〜2.5僉香りはありません。雌花には5本の花柱が、雄花には多数の雄しべが見られます。花弁は5枚で、先端は深く切れ込んでいます。基部は細くなり、筒状の萼の中に包まれます。萼の形は、雌雄で少し異なります。雌花の萼は、ふっくらとした卵形で赤褐色を帯びた淡緑色、雄花の萼は細い円筒形で赤褐色です。開花から結実期には、高さ100儷瓩になります。

集散花序、雄花、雌雄混合の草姿

 写真〇鷁屬伴粉した果実で、少し膨らんでいるようです。写真△發少し経っていますが、まだ熟していません。先端には雌花の花柱の名残が見られます。果実は、成熟するまで3か月位かかり、風船のような卵形の櫺未鬚弔院中には多数の種子が入っています。まれに花弁が不規則に切れ込んだ変異の花を見かけます。

 庭植えや、花をエディブルフラワーとして、サラダや料理に利用して楽しめます。

〇鷁屬伐娘臓↓果実、変異の花

次回はダンディライオン(セイヨウタンポポ)です。

グリーンアドバイザー
アロマテラピーインストラクター

 
内田 千穗

ハーブ講座一覧へ>>