初めての方へ
実例集
特集
おすすめ商品
会社案内
ホーム > Vol.149 ザクロ

ハーブ講座

始めよう 楽しもう ハーブ Vol.149	ザクロ

 暑い毎日が続き、水やりに苦労します。水不足になると葉が緑色を失い、白蝋化してしまいます。そんな時は、思い切り水をやり、回復に努めます。私たちも、干上がらないようにしましょう。


 今回はザクロをご紹介します。

ザクロ
ザクロ
英名 pomegranate   学名 Punica granatum
和名 ザクロ  石榴   ミソハギ科   落葉小高木(温帯)

 原産地は諸説ありますが、小アジアからインドと言われ、日本には10世紀ごろ中国から伝来しました。温帯の日本では落葉しますが、亜熱帯地方では常緑です。

 日当たりと水はけの良いところが適地です。高さは5〜6mと、意外と高木にもなります。葉は緑色の艶のある長楕円形で鋸歯はなく、縁が不規則に波打ち、対生します。葉に隠れて気が付きにくいですが、枝の先端は針状に尖っています。

樹形、葉、上対生につく・下枝の先端は針状

 開花期は6〜7月で、緑色の葉と目にも鮮やかな朱色の花は、ひと際人目を引きます。径約5僂硫屬六淦茲某個つくので、よく目立つのです。蕾はマラカスのような形であり、その皮質の萼の先端が5〜8個に裂け開花します。萼が裂開し漏斗状になり、基部は子房と繋がり、多数の胚珠を含みます。花弁が6個、雄しべは多数、子房下位で花弁が落下した後、萼の下部の子房が膨らみます。分裂した萼の先端は「宿存萼」として残り、独特の形となるわけです。

蕾と花、花細部、子房が膨らむ

 熟果期は10月以降で、果実は3か月程かけて橙紅色に熟成し、大きさ約8僂竜綏舛砲覆蠅泙后上部には宿存萼が残り、外果皮が不規則に裂開すると収穫します。果実の中は薄い膜によって分断されており、中には多数の外種皮に包まれた種子が規則正しく並んでいます。この赤色多汁の外種皮には、クエン酸やリンゴ酸を含み食用とします。果実は落葉後も枝についていて、外果皮は荒れたサメ肌のようになる物もあります。

 薬用として、成熟果皮を「石榴果皮」、根皮を「石榴根皮」、花は「石榴花」と呼び、駆虫薬などに用いられるようです。

若い果実、上割れた果実・下宝石のような外種皮 、石のような石榴

次回はイチジクです。

グリーンアドバイザー
アロマテラピーインストラクター

 
内田 千穗

ハーブ講座一覧へ>>