初めての方へ
実例集
特集
おすすめ商品
会社案内
ホーム > 門松特集

門松の由来

門松(かどまつ)とは、お正月に家の入り口に立てられる一対になった松や竹の飾りのことで松飾りともいわれます。意味をきちんと知って「日本のこころ」を、この機に見直してみましょう。

門松について

門松(かどまつ)とは、お正月に家の入り口に立てられる一対になった松や竹の飾りのことで松飾りともいわれます。

「松は千歳を契り、竹は万代を契る」との例えがあるそうで、一般の門松に松と竹が使われるのは、神の宿る場所が、永遠に続くことを願っての組み合わせです。

お正月と門松

お正月は本来、神様(年神)が地上におりてくる日です。門松(かどまつ)は、神様が私たちの家におりてくるときの目印なのです。

江戸時代以前には庭に1本だけ立てていました。何故門松を庭に立てていたのかと言うと、その時代≪門:かど≫と言う言葉は庭園を意味していて、入り口などのことは≪もん≫と呼んでいたのです。
それが次第に庭園を≪かど≫と言う言い方が廃れ、それと同時に入り口のことを≪門:かど≫と言うようになって来たために、門松を入り口付近に立てるようになり、さらに入り口を守る魔除けの意味が含まれてきたのです。

最初の庭に立てた頃は1本だけでしたが、その後中国の信仰では仏前はつねに対になっているべしと言う物があるために、門松も対で立てるようになったのです。

門松を飾るタイミング

門松は、31日に飾るのを「一夜飾り」といって避ける習慣があります。また、29日に立てるのは、「九松」といって「苦待つ」に通ずるということから嫌われています。

だいたい12月28日までに立てるか、遅くとも30日に立てる家庭が多いようです。

門松の材料

門松を作るときの材料は、松と竹、あとは紅白の葉牡丹や梅、南天、熊笹やユズリハなどを添えると豪華になります。
門松の下の部分は、関西では竹で巻くことが多く、関東では藁(わら)で巻くという形態が多いようです。
まずは、お気軽にお問合わせ下さいませ。TEL:072-333-1128