初めての方へ
実例集
特集
おすすめ商品
会社案内
ホーム > Vol.38 ハマナス

ハーブ講座

始めよう 楽しもう ハーブ Vol.38 ハマナス

 植物の生長が著しい月です。4月に新芽が出始め、1ヶ月で大きく生長します。空間が多かったハーブガーデンも見違えるように、青々と繁った姿に変わりました。これが宿根草(多年草)ガーデンの魅力かもしれませんね。

今回はハマナスをご紹介します。
ハマナス
ハマナス
学名 Rosa rugosa
和名 ハマナス  バラ科  落葉低木

 ハマナスは北日本の海岸が原産ですが、あまりお目にかかることはないかもしれませんね。ハーブといわれるバラの代表的なものの一つで、現代のバラの交配親でもあります。姿は株立ちになり、高さ1〜1.3mになります。北日本原産ですから耐寒性があり、病害虫にも強く育てやすいですよ。日当たりと水はけのよい場所に植えます。大きくなりますので、周囲を1m位空けてやりましょう。植えつける時には、堆肥を充分に入れてやるとよいでしょう。普通のバラの管理と同じく、落葉した冬に剪定します。育ちすぎて、大株になりやすいですから、冬の剪定は欠かせません。春4月頃になると新芽が出てきますよ。難点は枝全体に細かい刺があることで、注意が必要です。

剪定した冬の姿、新芽が出た春の姿

 花の咲く時期は5〜6月ですが、春以外にも咲く四季咲きの性質があるようです。花色は紫紅色、濃桃色、白色があり、一重と八重があります。園芸品種のバラとは違って、花びらは薄く繊細で、花の形も人工的な感じがしないのもよいですね。もちろん花にはよい香りがあります。

濃桃花、白花

 受粉も容易で、実がよく付きます。ハマナスのローズヒップは直径2〜3僂乃綏舛剖瓩し舛任后そして熟すと黄赤色になります。

受粉中の蜂、ローズヒップ

 ハマナスは園芸品種のバラより管理がとても楽です。鉢植えにも出来ますので育ててみませんか。

次回はダイヤーズカモミールです。

グリーンアドバイザー
アロマテラピーインストラクター

 
内田 千穗

http://hana-midori.blogspot.com/ブログ「世界の花とみどり」 旅人花みどり 


ハーブ講座一覧へ>>